よっちゃんの気まま日記♪

2009-02-27

世界標準のランキングとタイのアンダップ

まず、この写真は関係ありません…ロップがルンピニーで試合をしてた時の一枚です…タイトルのRanking(英語)อันดับ(タイ語)様は順位ですが、基準がタイだけちょっと違います。何が違うかと言えば、普通ボクシングやキックボクシングなどは、ランキング戦を行って順番を決める訳ですがその場合フェザー級のランキング戦ならば、当然57.15kgか126p以下で体重を合わせて勝った選手がより上位になる訳です(当然ですが)では、タイのอันดับとはどんなものなのか?当然、ルンピニーでもラジャダムナンでもプロムエタイ協会etc…などランキングは色々ありますが、世界標準のランキングではありません!何故ならボクシングやキックの場合純粋にスポーツです。
たまにラスベガスやマカオなどのギャンブルのメッカなどでは賭けが行われますが、試合に先立つのは純粋にチャンピオンに挑戦できる上位選手などが挑み、オッズも変わりますがそれを楽しむもんです。
しかし、タイの場合は賭けが先に先行してしまうマッチメークなのです…なのでこのマッチメークならば赤の選手が132p青の選手は135pで体重ハンデをつけましょうなどとやってしまうわけです。
そこで日本では考えられない様な試合を挙げてみますと、一昨年の年末に行ったルンピニーSフェザー級タイトルマッチ、リミットは130pですが絶対王者のセーンチャイ・ソーキングスターは128pで対戦相手のオーローノー・ウォーペットブーンは純粋に130pで行いましたが、なんとオーローノーがまさかの勝利…翌年、タイトルマッチで再戦した時も王者になったオーローノーが130pなのにセーンチャイは128pだった。
結局、一応の立場は代わってもギャンブルとしての接戦がないとギャンブラーが楽しまない為との苦肉の策でしかないのです…もうひとつの例を取ると、セーンチャイは130pの王者、ムエロークで日本初上陸をしたウティデートは122pの階級の選手だがここでのマッチメークでもこんな事が、セーンチャイ124pに対しウティデート126p…どんだけ階級を上げたり下げたりしてるのであろうか?随分と話がそれてしまったが、タイの選手に限っては現在自分が居る純粋な階級での試合はあまり行われていないと言う事である。
まー日本でもたまに62kg契約とかありますけど、タイトルマッチだって体重を違えてしまうのだからやはりスポーツ選手と言うよりは、競馬や競輪etc…などの選手に近い訳なんです…では、ランキングはどう決めているのだろうか?それは自分が一番適合した階級でジムの力やプロモーターの力、そして自分がトップ選手と互角以上に渡り合えた戦績などで決めているのです。
したがって、ランキングに入っていなくても凄く強い選手もいれば、チャンピオンなのに年中負けるがタイトルマッチだけちゃっかりと勝ってしまいチャンピオンから落ちない選手もいます…だからよく日本のプレスの方がタイのトップ選手と日本人選手が接戦した場合など『この日本人は、タイのランキングなら何番くらいですか?』などと聞かれてランキング戦など行った事が無いタイ人に聞いて、分かりませんとキッパリ言われてる姿を良く見かけます。
そんな訳でして、タイ国内の事情はちょびっと違う訳なんです、ハイ!

※タム(コムパヤック)がルンピニーランカーだった頃のメインイベントの一枚、惜しくも判定で負けちゃったけどタムはタイではスーパースターです。

2009-02-26

M-1に初上陸の選手

日曜日に参戦するこの選手達も明日、来日する…この写真をタイに行った時に写した時は、まだ藤原あらしの参戦が決定していなかったので、対戦するアピラックは残念ながら映っていないが威風堂々とタイ人らしいこのポーズ身体つきを見ただけで、説得力がある。
左からアピサック、アヌワット、デッーサムット、アピシット、この選手たちがM-1を見に来てくれたお客さんにどんなインパクトを残すのだろうか?
がっちりと手を合わせてやる気ですな…普段は、M-1の選手が多いけど今回はマート一人の参戦なので変な感じだ…さー毎度の様にお祭り気分で行きますか!

2009-02-24

この度胸はムエタイチャンプ!

毎回、M-1の広報で大忙しのタンクですが、先日は仕事で代表とマカオに飛びました…バカな僕はよく分かりませんが、大変きちんとした『プレゼン』をしてきたからと代表にフフンと言われた。日本人の僕にはそのプレゼンって言葉が何をしてきたのか全く持って理解できないでいます(。→ˇ艸←)そして仕事の合間にタンクは、マカオタワー(ほぼ東京タワーと同じくらいの高さ)でギネスにも認定されてる高所からのバンジーを体験したらしい。
その高さときたら相当高いらしく、233mから落下するらしい(+o+)だらしのない代表は、高所恐怖症などと言ってやらなかったらしいが…
そして最近見かねなくなったTは、こんなところでバイトをしてた(分かる方だけ分かれば結構)そして動画を見て下さい。
ちなみに高所恐怖症の代表は、タンクがダイブした時に目頭が熱くなったらしい…


video

2009-02-16

ムエロークでの記念ショット

彼の顔を見てると、中華料理屋の店員にしか見えないのは僕だけだろうか…
彼の筋力や体つきを見ても、なぜあんなに早く動けるのか不思議…
ムエタイのスーパースターですが普段を見てるとオーラが無いんだよな~でも最強です!

2009-02-13

ポスター本日到着ぅ~

3月1日ディファ有明大会『ยอดนักสู้vol.1』のポスターでーすアヌワットの体に掛る10本の由緒あるベルトの数々を見て下さい…凄いですね~チャンピオンになりたいのは誰だって思うはずですが、誰でも彼でもなりたいからって成れるもんじゃありません。本場タイのベルトは現在までWSRで言えばタップのWMC世界ウェルター級のベルト、先日ロップが見事取ったWPMF世界Sバンタム級のベルト…タムだって過去にはルンピニーやプロムエタイのベルトに挑戦しましたが一度も取れなかったほど難しいのが現状です。
アメリカやヨーロッパのやっつけで作ったベルトと違って、アヌワットのベルトはWBCムエタイ、S1、WPMF、ルンピニー1本、ラジャ4本、イスズトーナメント、オームノーイと計10本…そんなチャンピオンがM-1に来ます。この機会を見逃すと次に会う時は、引退後にどこかの団体で力を100%発揮出来ないアヌワットに会うかもしれませんよ?現役バリバリのアヌワットを見たければ是非、M-1に来て下さい。
その他でも各団体の王者が一度に集結する大会です。
MA=WMAF世界フェザー級王者、駿太
全日本=前バンタム級王者、藤原あらし(WPMF世界同級5位)・現バンタム級王者、寺戸伸近・ライト級王者、遠藤智史
NJKF=バンタム級王者、前田浩喜
J-NET=ライト級王者、黒田アキヒロ
フリー系=元全日本&J-NET3冠王者、増田博正・元MA王者、大高一郎
(*`・ω・)ゞ見どころは=双子のアピサック&アピシットと弟のアピラックです。ダンゴ3兄弟ならぬムエタイ3兄弟が出ます。

海を渡って届いた情報ボクシング編その2

先日、タイの池田氏から息子同様(隼人)に情報を送ってきた、マサト・ソータムティップのルンピニーフライ級王座決定戦でしたが惜しくも判定負けとメールが届いていました…本日スポナビを拝見したらブログを書いている方がいらっしゃったので貼り付けておきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/torahito68/58426845.html ←結果をどうぞ

2009-02-03

海を渡って届いた情報ボクシング編

こちらも隼人と同じ元WSR荒川ジムのマサト・ソータンティップ、ムエタイで修業する隼人に対して彼はボクシングをタイで挑戦しています。以前はラジャなどのタイトルの話が有ったみたいですが、今月ルンピニースタジアム112Pボクシングフライ級タイトルマッチに挑戦するらしいです。
是非ともタイトルを奪取してもらいたいと思います。

写真提供(C)シンラパ・ムエタイのS田氏


 
無料・カウンター